弁護士の方へ

離婚調停や裁判を担当されている弁護士の皆様へ
面会交流で、こんなお困りごとはありませんか?

・クライアントから数年ごとに面会交流の条件変更を相談される
・面会交流の日時決め交渉が本人たちではできないため、毎回弁護士が入っている
・面会交流のドタキャンで父母間に不信感が高まっている
・非監護親と子供だけでは面会させられないという監護親の要望で、毎回弁護士が同席している
・面会交流同席中に子育て支援を求められる
・面会交流に関して監護親、非監護親、子どもの意見調整が困難だ
・外国人関係者のいる面会で言葉の問題がある
・オンライン面会交流の要望があるがノウハウがない


びじっとは、面会交流支援の柔軟性に定評があります
・支援開始時の支援タイプが選べます
・支援期間の制限がありません
・子どもの年齢は20歳まで支援可能です
・支援休止後、再開措置があります
・英会話対応が可能です
・オンライン面会交流に対応しています
・13年間の支援実績と支援ノウハウがあります
・子どもと父母に寄り添った支援をいたします
・ADR機関である「ADRくりあ」にて、面会条件の調整や更新の対応が可能です


利用者の声:びじっと利用を選ばれた理由はなんですか?
・受渡し型や連絡調整から支援してもらえるため
・支援実績数が多いため
・面会交流の回数・時間に制限がないため
・年齢制限や支援期間の制限がないため
・代理人からの推薦


【お問合せ】
こちらから、お問合せください。支援内容や利用者のご意向に関しても遠慮なくご相談ください。

【びじっとサポーター】
びじっとサポーターに登録(無料)いただきますと、面会交流に関する情報やびじっとの活動報告を不定期ですがメール送付させていただきます。ぜひご登録ください。
びじっとサポーターの登録はこちら