面会交流までの流れ

1.利用料金確認
受理面談及び各支援の利用料金をご確認ください。


2.利用検討支援
支援の内容や面会実施までの進め方に関し、不明な点がありましたら「お問合せ」からご相談ください。メールで対応させていただきます。
面会交流に関して具体的な内容を知りたい場合は「傾聴」を、個別の家庭状況を踏まえたアドバイスや具体的相談をご希望の場合は「相談」をご利用ください。いずれも「お問合せ」からお申し込みいただけます。Zoomでのオンライン面談となります。
面会頻度、長さ、支援型などに関する支援計画調整をご希望の場合は「ADRくりあ」の支援をお申し込みください。


3.受理面談
支援をご利用予定のお父さん、お母さんの双方に「受理面談」を受けていただきます。「受理面談申込」からお申し込みください。Zoomでのオンライン面談となります。

お申し込みから受理面談実施まで、約2週間の準備期間をいただいております。その間に「受理面談シート」を記入の上、事務局へお送りください。
受理面談では以下の点をお伺いします。
【現在の状況について】
・現在の状況
・びじっとを利⽤する理由
・調書、合意書、審判書⾯の有無
(正式な合意書がなくても受理面談は可能です)
【今後の⾯会交流についての希望】
・びじっと利用の合意状況 ※
・⽀援のタイプ ※
・開始時期、面会頻度、時間、場所 ※
・利用料負担率 ※


4.支援開始準備
びじっとの試行的面会交流支援を利用する場合、「試行的面会交流支援申込書」と「事前報告承諾書」を提出ください。お父さん、お母さん双方からの申込書を受理した時点から実際の面会交流支援開始まで、約2週間の準備期間をいただいております。

支援に向けて支援計画や合意事項等の整理、準備をお願いします。支援開始するためには、当面の面会交流に関して※の4項目を決める必要があります。
お父さん、お母さんだけで決めることが難しい場合、これら4項目を含む支援計画の調整を「ADRくりあ」で支援いたします。


5.面会交流実施(試行的面会交流)
第1回の面会交流を実施いたします。
受渡し型、付添い型の場合、初回支援実施日に父母双方に「オリエンテーション」を受講いただきます。多くの場合
1.別居親様オリエンテーション実施(1時間)
2.面会交流実施 と並行して、同居親様オリエンテーション実施(1時間)
3.面会交流終了
の手順となります。なお、連絡調整型の場合は、第1回の支援以前にZoomで父母それぞれ単独に、オリエンテーションを受講いただきます。


6.本契約へ
試行的面会交流を規定回数実施、または第1回の面会交流から規定期間経過、で本契約へ移行となります。試行的面会交流3回実施の前後に事務局からご案内差し上げますので「面会交流支援兼一般会員入会申込書」をご提出ください。


お子さんにとって、お父さんお母さんにとって、よい面会交流となることを目指してまいります。