ADRくりあの流れ


注1:「相談」はいつでも任意で利用できます。不安や不明点の解消にぜひご活用ください。
注2:相手方が応諾しない場合は、手続き終了となります。合意に達することができない場合は、手続き終了となります。
注3:利用料金はこちらをご確認ください。びじっと利用者の相談は「傾聴料金」でお受けします。

 

0.ADRくりあの対応範囲

ADRくりあでは、調停手続きを利用して、以下の問題に関するお父さんとお母さんの話し合いを支援します。
【面会交流】  
・面会交流上の課題対応合意(面会上の留意事項等)  
・面会交流実施条件合意(面会頻度、時間、支援型)  
・面会交流支援計画作成(年齢に応じたステップアップ計画等)  
・面会交流実施条件変更  
・面会交流実施阻害要因解決に向けた合意  
 

1.相談・問合せ

ADRの調停手順や進め方に関し、不明な点がありましたら「相談・お問合せ」からお問合せください。メールで対応させていただきます。 ADR利用に関して個別の家庭状況を踏まえたアドバイスや、申立て/調停応諾するにあたっての具体的相談をご希望の場合は「相談・お問合せ」から相談をお申込みください。相談はZoomでのオンライン面談となります。
→ 「相談・お問合せ」フォーム
 

2.申立

調停を希望される方は「調停申立書」からお申し込みください。調停申立書では以下の点を記入いただきます。調停では、申立てされた方を「申立人」と呼びます。
【現在の状況について】  
・現在の状況  
・調書、合意書、審判書⾯の有無  
・びじっと利用の有無
【申立て内容】  
・申立ての趣旨(求める結論)  
・初回相手方事務手数料負担に関するご意向 調停申立書の内容を確認し、2週間以内にADRくりあより受理/不受理をメール連絡をいたします。
→ 「申立書」フォーム
 

3.応諾

申立人から得た「申立ての趣旨」を含む申立て情報を相手方へお送りし、相手方が調停に応じられるか否か、応諾意思を確認します。応諾意思確認は郵送またはメールでおこない、申立人への受理連絡後、2週間以内の意思確認をめざします。
 相手方が調停に応じられない場合は、その旨を記載した文書を申立人へ送付し、調停手続きは終了となります。
 相手方が調停に応じられる場合は、初回期日(調停を実施する日)を日程調整します。
 

4.調停期日

当事者が「びじっと利用者」の場合は、調停に先立ちびじっと→ADRくりあ調停人へ「ADR事前共有プラン」が実施されます。これまでの支援履歴や面会状況の概略が共有され、当事者が調停人に当初のいきさつから状況を報告する時間を短縮できます。 調停は原則として「オンライン調停」でおこないます。場合によっては対面式で行うこともあります。 申立人、相手方、調停人2名の計4名がZoom上で話し合います。話し合いの形態としては以下の2種類があります。

【同席調停】4名がZoom上で同席して話し合い、調停手続きを進めます。
【別席調停】Zoomの機能を利用して、相手方を離席させた状態で調停人が申立人から主張及び意見を聴き,次いで申立人を離席させた状態で相手方の主張及び意見を聴くことを繰り返す方法で調停手続きを進めます。
                                    
調停日時は申立人・相手方・調停員の間で調整します(平日土日祝日可、開始時刻8:00~20:00の間)。1回の調停時間は平均2時間程度です(状況により前後します)。 双方が合意に達した場合は次に進みます。もう少し話し合いや確認が必要な場合は、次回の「調停期日」を取決めます。 これを繰り返して、双方の合意を形成していきます。 ADRくりあでは、5回以内の期日、または3か月以内の期間での合意を目指しています。一般的に別席調停の場合、同席調停よりも多くの期日日数が必要となります。
 

5.和解調書作成

双方の合意に基づき、和解調書を作成します。作成した和解調書は、申立人、相手方、ADRくりあの3者がそれぞれ保管します。 必要に応じて、公正証書の作成支援も可能です。



お子さんにとって、お父さんお母さんにとって、よい合意が成立することを目指してまいります。