皆さんから届いた面会交流への応援メッセージ

SAJ(ステップファミリー・アソシエーション・オブ・ジャパン) 緒倉 珠巳様

私がうまくいかなかった結婚に諦めをつけ離婚を決断した時、息子はまだ3歳前でした。子どもにとって前夫は唯一の実父。私自身も唯一の実母。諍いが収まらぬ夫婦でいるより、別れた方が夫婦にとって良いのは明白でした。けれど、子供の親として二人が別に暮らしながらそれぞれ親子の関係を継続するにはどうしたらいいのか・・・。当初はとても悩みました。

連絡をとる度に喧嘩になったり、お互いを否定しあったり、子どもを奪われてしまうのではないかと心配をする・・・。離婚後の何年かはそうやって過ぎていきました。面会交流に悩む方の多くが、同じような状況にいるのではないでしょうか。

前夫との関係だけでなく、周囲の反応に傷つくこともありました。子供のために必死で続けている面会を「別れたのに会わせているのは、相手への未練があるからじゃないの」などと言われたこともあります。指針がない中で悩みながら続ける面会交流は、とても辛いものでした。

後に知ったことですが、私が離婚した当時、面会交流を支援してくれる機関が都内に1つだけあったようです。残念ながらその情報は私には届きませんでした。当時びじっとさんがあったら、そして私がその存在を知っていたら、負担はずっと軽かったことでしょう。その頃苦しんだ経験から情報を周知することの大切さを知ったことが、現在私がステップファミリーのサポートを継続する原動力となっています。

辛いことの多かった面会交流ですが、子どもが成長し、親の私たちが新しい関係に慣れると共に、ストレスは軽減されていきました。みなさんも今は辛いな、難しいなと思うことが多々あると思いますが、その苦しみは長くは続きません。不安を感じた時はびじっとのみなさんに相談してください。しっかり受け止め、良いアドバイスをくれるはず。そのためにびじっとは在るのですから。

知って頂きたいのは、家族の姿はずっと同じではないということです。年を経て、家族の有り様は変化していきます。私たち元夫婦はそれぞれに新たなパートナーと再婚し、家庭を築きました。その家庭を息子は楽しそうに行き来しています。あちらでも、こちらでも息子は「お兄ちゃん」と慕われています。「僕には父が二人いる。よその人からみればヘンに見えるかもしれないけれど、僕にはこれが普通」と息子は言います。

私の家族のように、前のパートナーとの子どもを含めて形成する家族をステップファミリーと呼びます。ステップとは「継ぐ」という関係性を表す言葉です。ステップファミリーが成功する鍵は、家族のメンバーそれぞれの「こころのニーズ」を汲み取り、尊重し合うことです。面会交流は、離婚時から継続して配慮の必要な、子どもの「こころのニーズ」の一つです。「こころのニーズ」を満たされると、人はその環境に安心することができ、自分の居場所を得ることができるのです。

これまで、再婚をすると、父と母が1人ずつ、そして子どもがいるという初婚の家族と同じ形となることが当然のように思われてきました。離婚や再婚の増えた現在、この家族像にとらわれ初婚の家族を目指すと大きなストレスが生まれてしまいます。これから離婚や再婚を考える方には、自分の家族をこれまでの経験や常識にとらわれた家族という枠にはめようとするのではなく、それぞれのあり方を大事にしながら個々の関係を丁寧に育み、継いでいく家族を模索して欲しいと願っています。

困った時にはどうぞためらわずに、ご相談くださいね。応援しています。


SAJ(ステップファミリー・アソシエーション・オブ・ジャパン) 緒倉 珠巳
SAJ(ステップファミリー・アソシエーション・オブ・ジャパン)  緒倉 珠巳 1969年生まれ。
2001年SAJ設立後まもなくから参加。2010年より代表。
http://www.saj-stepfamily.org
シングルマザーを6年経験後再婚。二児の母。
ステップファミリーのためのサポートグループLEAVESを2002年より東北・関東・東海・関西で開催中。研究者と恊働しステップファミリーに特化したセミナーの実施、専門著書の執筆など活動中。
共著書:Q&Aステップファミリーの基礎知識 ― 子連れ再婚家族と支援者のために [明石書店] 野沢 慎司 (著), 茨木 尚子 (著), 早野 俊明 (著), SAJ (著)


NPO法人Wink理事/学習塾あんふぁん教室長 光本 歩(ミツモト アユミ)様

大人たちが離婚を決めたとき、それは夫婦だけの問題ではなく家族の問題であり、子どもの問題でもあります。離婚により夫婦関係は終結するかもしれませんが、子どもにとっては両親にかわりありません。夫婦の中にある憎しみなどの負の感情は親子関係に影響すべきではないものです。
子どもの成長にはお父さんの力・お母さんの力の両方が必要です。離婚後も、子どもが別居をすることになったお父さん・お母さんに「会いたい」と思えば会える環境を、同居親が子どものためを思って用意しようとすることで子どもは両親に愛されているという実感を抱くことができるようになります。
しかし、面会交流の実現に向けては離婚した両親が協議を重ねる必要があり、当事者同士ではうまくいかないことも理解できます。そういったときに面会交流支援団体をうまく活用し、子どものための面会交流の実現を可能としてほしいと思います。
びじっとは理事長の古市さんのお考えのもとに子どもの利益を前提とした支援を実施されています。私たちの団体も面会交流支援を行っていますが、古市さんの理念には共感できることが多くあります。
特に、古市さんは「面会交流支援にかかる料金は子どもの教育などの費用に使われるべき」ということを仰っています。それは本当にその通りで、面会交流が徐々に当事者同士でできるようになれば、経済的にも精神的にも子どもたちの利益になります。支援団体の収益事業として利益追求をしない、心からの親子への応援であると感じます。
面会交流の支援をする団体は増えてきました。利用されたいという親御さんに上手く活用いただくために、色々な場所で色々な形で存在することは悪いことではありません。むしろ、目まぐるしく変わる情勢の中において、時代に合った親子の絆構築に寄与するために共存していければと思います。
びじっと、古市さんには面会交流支援を長くやっておられるご経験と想いを、今後も遺憾なく発揮していただきながら、互いに支援の在り方を考え続けていけたらいいですね!


NPO法人Wink理事/学習塾あんふぁん教室長  光本 歩(ミツモト アユミ)
1988年8月13日、大阪府大阪市に生まれる。中学2年生の 時に母親の借金を理由に両親が離婚、父子家庭に育つ。教員 になりたいという夢を経済的な理由で諦めてしまったが、家 庭環境などに左右されずに子どもたちの夢を応援できる社会 にしたいと思い2009年7月「学習塾あんふぁん」を静岡県 熱海市に設立。無料~低価格で学習支援を行う傍ら、NPO 法人Wink理事として面会交流仲介支援サービス「カインド リボンサービス」を運営している。親の離婚を経験した当事者として、子どもの心に寄り添うサービスの提供を心掛けて日々活動しており、講演活動も実施している。

NPO法人M-STEP 理事長 平田えり様

はじめまして。NPO法人M-STEPの平田です。私たちの団体は、ひとり親家庭の恋愛と再婚のサポート支援、子連れ再婚(ステップファミリー)の生活のサポート支援をしている団体です。ひとり親家庭にしても子連れ再婚にしても直面するのが、面会交流や養育費の問題です。死別でなく離別であれば、一緒に住んでいなくても子どもにとっての両親が存在します。

しかし、何らかの理由で夫婦間に亀裂が入り、離婚をした後、子どもへのフォローといえば、同居親がメインとなり、別居親は蚊帳の外というのが実情です。

同居親が子どもを抱え込み、別居親に対して【子育てはできない】【親として最低の親だった】と親族や子どもに思い込ませ、また別居親が同居親に対して【子どもを奪われた】【同居親のせいで子どもと面会することができない】という判断で連絡すら途絶え、更に自分には【何もさせてもらえない】と思う別居親も少なくありません。

何らかの理由で、夫婦間が決別しても、子どもにとっての【親】は、同居親と別居親なのです。例え、同居親が再婚をしても、その関係は一生変わらないものです。

けれど、今の社会的な現状といえば、別居親は子育てに関わることなく、同居親も再婚をしてしまえば、再婚したパートナーに【親】としての大きな役割を担わせようとしてしまうケースも多々あります。そうなってしまえば、継親にとっても子どもにとっても、大変な負担があるというのが子連れ再婚の大きな問題でもあり、実親の育児放棄を助長する要因にもなっているのです。

離婚をした夫婦が、子どものことだけを考えて冷静に話し合うことができないということも十分承知ですが、夫婦の関係が終わってしまっても、親子の関係は、決して断絶していけないと思います。  親は、親になったら一生【親】であり、その子どもは一生【子】です。

私も両親の離婚を経験して、その後、別居親とも面会交流を続けておりますが、おかげで両親が離婚をした後の喪失感は軽いものとなり、今でも両親とは良い関係が続いています。

親が子どもに与える影響力は多大なもので、父母ともに与えられるものは違います。元夫婦間で話し合いが出来なければ、第三者を交えての話し合いをおすすめしたいです。

【親】である自分達に今なにができるのか。子どもにとってよりよい養育とは何かを今、考えるときです。私も、びじっとさんと共に同居親も別居親も自然な形で子どもに携われるような社会になるよう精進して参ります。

NPO法人M-STEP 理事長 平田えり プロフィール
1975年生まれ。
中学生の時に両親が離婚。
父子家庭で育ちながら、実母との面会交流を定期的に行うステップチャイルド。
2人のシングルファザーと出会い、現在は、継子2人、実子2人の初婚ステップマザー。